法改正後も使えるキャッシングってありますか?

消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、いわゆる「借金」には、それを規制する法律があります。その名もずばり、貸金業法という法律がこうした業界の営業に関する法的な根拠となっています。この貸金業法は改正が繰り返され、そのたびに消費者金融などの業界は法改正に合わせて変化を繰り返してきました。その法改正の極めつけとも言える大変化が2010年の6月に起きました。貸金業法の改正自体はそれよりもかなり前から決まっていたのですが、内容があまりにも激変を伴うものであったため、段階的な施行となりました。そんな中、総量規制という最も激変が予想される法改正の施行が、2010年の6月に行われたのです。これにより、消費者金融などが貸し付けることができる金額の上限が設けられるようになり、さらには法改正によってこれまで貸付ができた顧客に対して新規の貸付ができなくなるなど、その影響はとても大きなものでした。

最高裁判所の画期的な判決によって巻き起こった過払い金返還請求の流れもあいまって、消費者金融業界は大きな転機に差し掛かっています。この状況を考えると、現在でも貸付を行っている業者というのは淘汰に耐え抜いた業者なので、健全な業者と言うべきかも知れません。

このサイトでは、貸金業法改正によって大きく変わった業界のあり方や、その状況で借り入れができる業者の紹介をしていきたいと思います。

法改正後も使えるキャッシングってありますか?

大きく変わるキャッシングサービス

法改正や過払い金請求など、大きく変わるキャッシングの世界を見てみましょう。

三井住友銀行系プロミスに注目

三井住友銀行系で、業界でもユニークな取り組みで知られるプロミスを紹介します。

貸金業法の改正がもたらした大きな変化と、その状況でも借り入れができる業者の存在について語ります。

法改正後も使えるキャッシングってありますか?大きく変わるキャッシングサービス三井住友銀行系プロミスに注目サイトマップ